k-1

那須川天心と武尊の違いを比較|ルール問題や各界の勝敗予想を紹介!

那須川天心と武尊の画像

対戦を望まれている那須川天心選手と武尊選手。
2022年6月についに対戦が実現しました!

那須川天心選手と武尊選手のファイトスタイルなどの違いはどこにあるのか。

ファイトスタイルは天心選手が距離を取ってカウンターを当てるタイプ。
武尊選手は距離を潰して一発を当てるスタイルです。

二人とも対称的なファイトスタイルをしています。
実は両者のベストな体重も違います。

そこで今回の記事では天心選手と武尊選手の両者の違いと各著名人の勝敗予想を紹介します。

那須川天心と武尊のファイトスタイルの違い

那須川天心と武尊選手の試合は長年期待されている試合です。
しかし、なかなか実現できずに現在に至ります。

そこで気になるのが那須川天心選手と武尊選手のファイトスタイルの違いなど。
2人ともファイトスタイルは違います。

2人のファイトスタイルの違いを詳しく解説します。

那須川天心は距離を取り当てるスタイル

引用:RISE公式

那須川天心選手は基本距離を取りながらカウンターを狙っていくスタイルです。
そのため、K.Oと完全勝利の判定が多いです。

しかし、天心選手はかしこいのでファイトスタイルを変えることができます。
恐らく、試合では武尊選手はプレッシャーをかけて戦う戦法。
その時にあえて、天心選手がつき返すのかうまく距離を取って戦うのかがキーポイントになりそうです。

武尊は距離を潰してプレッシャーをかける

武尊選手の戦い方はプレッシャーをかけて距離を潰していくファイトスタイルです。
天心選手とは逆のスタイル。

そのため、被弾することもありますが、気迫のパンチで相手を倒していきます。
通常の選手なら距離が近いとパンチ等をもらいK.Oされることも多いです。
しかし、武尊選手のパンチが早く、もらう前に当たります。
これはパンチが早くないとできないことです。

相手のパンチよりも遅いとK.Oされる確率も高いので並みの選手だとできないことですね。

所属ジムのスタイル

所属ジムのスタイルについて解説します。
選手のファイトスタイルは所属ジムの方針に影響されています。

武尊選手や那須川天心選手もファイトスタイルは違います。
それは本人だけではなくジムのスタイルも影響。

・那須川天心は確実に攻撃を当てに行くスタイル
・武尊選手はガンガン前にでるスタイル

それぞれ詳しく解説します

チームTEPPENは確実に当てに行くスタイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

teppen_gym(@teppen_gym)がシェアした投稿

チームTEPPENの選手は試合のコントロールが上手い選手が多いですね。
それは那須川天心のファイトスタイルにも現れています。

那須川天心のスタイルは確実にポイントを取る、または相手の攻撃にカウンターをあわせていくスタイル。

そのため、大きなダメージをもらうことも少ないのが特徴。
那須川天心選手も試合後に顔をはらしているところはあまりみかけませんね。

その原点は彼の幼少期の空手の時代にあるとか。
那須川天心選手は空手も強く、相手のいない状態でした。

しかし、唯一勝てない相手がいました。
それは現在RISEでも活躍する南原健太選手

勝てないのも小柄な那須川天心選手と大柄な南原健太選手。
体格差でどうしても負けてしまいます。

それでも勝てないかと思った那須川天心選手は距離を取りながら相手にもらわずにパンチを当てていく戦法を取り、見事勝利をおさめることになります。

この経験が原点となり、今の那須川天心選手のスタイルにつながっています。

自身の体験と今のジムのスタイルにつながっているのでしょう。

KRESTはガンガン前に出るスタイル

武尊選手が所属するKRESTはガンガンと気持ちで前に出る選手が多いです。
武尊選手も気持ちを前面に出して、ガンガンと前に出るスタイル。

これはKRESTの選手が所属していたチームドラゴンの会長前田憲作さんの練習方針が影響しています。
前田憲作さんは自身もハードな練習をすることで有名。

それは教える立場になっても変わりません。
とにかくハードにこなす。
スパーリングで立てなくなっている選手に「まだできるでしょ?」とさらにやらせることも。

そんな前田憲作さんのスタイルがKRESTのハードに気持ち出すスタイルにつながっています。

そのスタイルを受け継ぐKRESTの他の選手も打ち合いをものともしない。
テクニックはもちろんあるのですが、気持ちを前面に出したスタイルで戦うのがKRESTでしょう。

武尊選手自身も気持ちで負けなければ、負けないと言っているくらい。
KRESTのスパーリングもガチでやるので知られています。

試合当日のような激しいスパーリングをやるから、本番でもその激しさが出せます。

まさに那須川天心選手のジムとはまた違ったスタイルがKRESTですね。

ルールと契約体重の違い

那須川天心選手と武尊選手の試合を行う上でもう1つ重要なことがルールの問題。
実は天心選手と武尊選手のベスト体重は違います。
・天心選手は55㎏
・武尊選手は60㎏

ルールと体重について詳しく解説します。

武尊は60㎏で天心は55㎏

武尊選手の今の階級は60㎏、天心選手は55㎏です。
そのため、どちらかの体重に合わせるとなると不公平さが生まれます。

間を取って、57.5㎏か58㎏で戦うのがベストな選択。
追記:計量58kg 当日62kgで決まりました。

なぜ、階級が違う選手なのに戦う話がでたのか気になりますよね。

これはもともと武尊選手が55㎏で戦っていたからです。
武尊選手はK-1で史上初の3階級制覇をしています。

段々と階級を上げていって今の60㎏にたどり着きました。
55㎏で戦っている時に天心選手の対戦表明があり、その流れが階級を変えた今でも残っているわけです。
天心選手と武尊選手が戦うのなら、契約体重は重要なポイントになりそうです。

K-1とRIZINのキックボクシングルールはそこまで違いので体重だけですね。

これまでの人生の違い

那須川天心選手と武尊選手はこれまでの人生もまさに対称的です。
那須川天心選手はまさに格闘技のエリート。

武尊選手は道を外れたときもあったりと紆余曲折ありながらチャンピオンにまで上り詰めます。

それぞれ詳しく解説します。

那須川天心は格闘技のエリート

那須川天心は幼少の頃から空手を習っていました。
最初は父親が礼儀などを教えたくて通わせたそうです。

しかし、最初は嫌で逃げ出すこともあった那須川天心選手。
そこで父親の猛特訓が始まり、めきめきと成長しました。

全国大会まででるようになり、その後小学5年生でキックボクシングの道へ。
そこからは100戦以上を重ねて、高校生でRISEのチャンピオンになっています。

まさに格闘技のエリートでしょう。
本人にしかわからない、苦労はもちろんあったかと思いますが、成績だけを見るとまさに順風満帆ですね。

紆余曲折があった武尊のこれまで人生

一方武尊選手はチャンピオンになるまで色々とありました。
武尊選手もK-1に憧れて鳥取県で空手を始めます。

しかし、武尊選手はなかなか思うような結果を残せずに過ごします。
その後、ボクシング部のある高校に進学しますが、素行が悪く、3ヶ月で退学。

いわゆる、不良に近い感じになっていました。
その後K-1甲子園に出るために、通信制の高校に入り直します。

そして、K-1甲子園に出場するも予選敗退。
悔しさで本部席にいたチームドラゴンの会長の前田憲作さんに「もっと強くなりたいと」言います。

そこでチームドラゴンに来るように提案をされます。
その後チームドラゴンに行くために上京。

クレープ屋でバイトをしながらも練習を続けます。
そこで卜部兄弟などと出会い、生活面でも相当助けられたとか。

その後は順調にKrushのチャンピオンになり、K-1のチャンピオンにまで上り詰めます。

https://fight-info.com/%e6%ad%a6%e5%b0%8a%e3%81%ae%e3%82%a8%e3%83%94%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%92%e7%b4%b9%e4%bb%8b%ef%bc%81%e5%ae%9f%e3%81%afk-1%e7%94%b2%e5%ad%90%e5%9c%92%e4%ba%88%e9%81%b8%e6%95%97%e9%80%80/

著名人の勝敗予想

著名人の勝敗予想を紹介します。

天心選手と武尊選手はみんなが待ち望んでいる試合のため、色んな人が勝敗予想をしています。
その中で数人ピックアップして紹介します。

魔裟斗

K-1のレジェンドの魔裟斗選手はズバリ、武尊選手の勝利を予想しています。
理由は武尊選手のプレスが思ったより、強くて天心選手がうまく対応できないのではとの意見。
これには同意見です。
というより、武尊選手が勝つならこれしかないからです。

距離を取りながらカウンターを当てるスタイルは天心選手が上。
勝つなら、武尊選手のプレッシャーが天心選手の予想を上回って、距離を取れない状態になることす。

これを魔裟斗選手が予想をしているのだと思います。

堀口恭二

堀口選手は天心選手の勝利を予想しています。
理由は武尊選手が天心選手に入れなくて、見合いになるのではとのことです。

これも多い予想の1つです。
天心選手は格闘IQが高いので、エサをまいて誘い込みます。
並みのファイターなら、そこにいってしまいカウンターをもらって倒される。

しかし、武尊選手も格闘IQが高いため、天心選手の誘いは気づくでしょう。
その時になかなか入れずに見合ってしまう予想。
また、天心選手は見合う中でも確実に攻撃を当てる技術を持っているため。ポイントを取るでしょう。
そうなると天心選手の判定勝ちの可能性が高いですね。

朝倉未来

朝倉未来選手は以前は天心選手の勝ちを予想していましたが、わからなくなったとのこと。
その理由は武尊選手のスタミナが意外にあるからです。

技術やスピードは断然天心選手。
しかし、インファイトなら、武尊選手のほうが1発があるからわからないとのことです。
体力勝負になると武尊選手に分があるのではとの見解です。

朝倉未来選手の予想も大いにあると思います。
天心選手が武尊選手のプレッシャーを受け続けると逃げきれなくて、打ち合いになる可能性もある。
打ち合いなら、武尊選手に分があると思います。

実現が待ち遠しい

武尊選手と天心選手の実現は待ち遠しいですね。
ファンは何年も待たされているカードです。

最初は名前も出すこともタブーとされていました。

実際に訴訟問題にもなっています。
しかし、今はどちらも名前も発信をしており、団体も調整に動いています。

天心選手もボクシング転向を表明しているのでやるなら今しかありません。
この世紀の試合は必ず実現してほしいものですね。

追記:ついに2022年6月に対戦が実現しました!!

ABOUT ME
シウバ
格闘技を愛すること10年以上の格闘技マニア。 現在のRIZINやK-1、RISEの視聴はもちろんのこと、旧K-1やPRIDEなど時代の流れも見てきました。 格闘技ニュースを見ない日はない。 常に最新のニュースを届ける格闘技のニュースサイト。 詳しいプロフィール情報